クラミジアは性病の中でも最も多い感染症です。そんなクラミジアにはジスロマックとクラビットがとても効果的です!

クラミジア対策マニュアル【ジスロマックとクラビット】

性病対策にはジスロマックとクラビットが有効

クラミジアの実態
checkbox

クラミジアの実態

クラミジアは、日本で最も多い性感染症と言われています。
感染しても自覚症状があまりないため、気付かないままに相手にうつしたりうつされたりという状況になりがちで、感染の拡大につながっていると考えられています。
また、感染率も高く、コンドームを使用しない場合、50%もの確率で感染すると言われています。

現在日本の高校生のクラミジア感染率は世界一 そして、恐ろしいことは、現在日本の高校生の感染率は世界一だという事です。
先進国であるはずの日本では考えにくいことですが、日本性教育協会が高校生を対象に、クラミジア感染について調査したところによると、男子高校生の6.7%、女子高生は13.1%も感染していることが判明したのです。

さらに、年齢別には一年生の女子高生は感染率17.3%、また、経験した人数が5人以上と答えた女子高生の約30%が感染しているとの事です。
ちなみに、他国の高校生の感染率は、アメリカが3.9%、スウェーデンが2.1%ですので、日本は圧倒的に高いのです。
女子の方が高いのは、女性の体はクラミジアに感染し易い構造になっています。
入った精液などが出にいので、クラミジアが感染する粘膜の面積も広い為です。

女性の体はクラミジアに感染し易い構造 特に若い女性の場合、クラミジアが好んで感染する部分である子宮頸部の面積が広いです。
この為、20歳前後の女性が最もクラミジアに感染しやすくなるのです。

また、若者の知識の不足も指摘されています。
若い人は、性行為というと妊娠だけに気がとられ、性感染症のことまで気にしていない場合も多いです。

現在日本の高校生のクラミジア感染率は世界一 その為、安全日だから大丈夫、中に出していないから大丈夫、と、避妊具を使用しないケースも増えています。
避妊具は避妊の為だけでなく、性感染症予防の為にも必須だということを、肝に銘じる必要があります。

また、挿入をしなくても、オーラルセックスやキスだけで感染する場合もあります。
性行為についても多様化してきて、ネットやスマホの普及により、若い人も簡単にいろいろな知識を知ることができます。
しかし、性行為とは危険も孕んでいるのだということを、今一度教育していかなくてはいけません。

ジスロマック

ジスロマックとはファイザー製薬から製造販売されている、細菌感染による感染症などに有効的な抗生物質になります。
系統としましては、マクロライド系で、細菌を増殖を防ぎ、高い濃度になりますと、殺菌作用として使用します。

主にクラミジア感染症に使用されており、クラミジア界ではなくてはならない治療薬となってます。
特徴としまして、服用してから長く体の中にとどまることから、症状や、個人差にもよりますが、1日1回服用して、3日ほど服用すると、7日から14日持続すると言われています。

ジスロマック そのためお薬を飲むのを忘れてしまった…などの失敗がないので安心です。
子供などにも、お薬を嫌がる子には服用回数が少ないので処方されることが多くなってます。
クラミジアで処方された場合、1回の服用で効果が7日と言われてます。

そして、ほぼその間にクラミジア治療することができると言われています。

クラミジアですが、現代病とも言われ咽頭にも感染することからオーラルセックス、いわゆるフェラチオの行為だけでも感染することもあります。
若い世代に多い性感染症ですが、ほとんどの方が感染に気付かないと言われてます。
症状が出にくく、自覚症状が無いのが原因だと言われてます。
日本で一番感染されている性病でして、ほとんどの方が感染してることに気付きません。

よって、さらに感染が拡大してしまうということになります。
クラミジアの感染力の高さ
症状は軽いですが放置してしまうと重大な病気になったり、出産時においては自然分娩の場合、生まれてくる子に感染させてしまう恐れがあります。

そのため妊婦検査時、必ずと言っていいほど、クラミジアの検査はあります。
検査でクラミジアに感染している事が判明した場合の治療において、ジスロマックは処方されたりします。


妊婦でも飲める治療薬ですので、比較的安全な薬です。副作用も少なく子供にも処方されます。
クラミジアの場合、予防としてお薬を服用されている方もいます。

安全な薬ですが、全く副作用が無いわけではありません。
副作用が出た場合は必ず医師などに相談する必要があります。

女性は感染した場合症状が感じれない方が多いので、オリモノや痒み、ニオイなどが気になる方は感染症を疑ってください、そして早めの対処と、パートナーと相談し、治療して行く必要があります。

ジスロマックのジェネリック医薬品


クラビット

クラビットは、感染症を治療するお薬です。
性感染症のクラミジアの治療薬として特に有名ですが、他にも、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎といった呼吸器感染症、中耳炎、副鼻腔炎といった耳・鼻の感染症など、細菌が原因で起こる病気に有効です。
クラミジアの原因となるクラミジアトラコマティスは、直径0.3ミクロンの非常に小さな細菌です。
主に性行為で直接接触する事により感染すると、性器や咽頭に症状が現れます。

クラビット クラビットは、キノロン系(ピリドンカルボン酸系合成抗菌剤)の薬で、合成抗菌剤のひとつです。ピリドンカルボン酸系製剤は、細菌の増殖に必要なたんぱく質の元になる核酸の生成を阻害し、細菌を死滅させる作用があります。
服用してからだいだい1週間で治ると言われています。
軽度のものでしたら、薬の服用のみで完治させることができます。

なお、クラミジアの場合、淋病にもかかっている可能性があります。
クラビットは淋病にも効果があるので、両方にかかっていたとしても、服用すれば同時に治す事も可能です。

また、クラミジアは非常に感染率の高い病気で、相手が感染していてコンドームをしないで性交渉をした場合、感染確率は50%と言われています。
仮に自分だけが治っても相手がかかっている場合、再度かかってしまう可能性があります。
これを「ピンポン感染」と言います。
ピンポン感染
完治したにも関わらず、パートナーが感染している為、性行為を通して再び感染してしまうのです。
女性が発症して治療を受けた後に男性からうつされて、今度はその男性が治療を受けた後に再発した女性からうつされ…を繰り返して、いつまで経ってもクラミジアから解放されない状態に陥ってしまうのです。

それを防ぐには、パートナーに感染のことを告げ、一緒に治療をし、完治するまで性行為をしないことです。
現在は病院に行かずに、ネット通販において個人輸入代行で簡単に購入することができます。
とりかえしのつかないことになってしまう前に、早期治療を心掛けましょう。

クラビットのジェネリック医薬品


ジスロマックとクラビットのジェネリック医薬品

ジスロマックとクラビットのジェネリック医薬品 ジスロマックとクラビットは、上述で説明した通り性感染症のクラミジアに効果があるお薬として有名です。
クラビットはキノロン系に属した合成抗菌剤で、ピリドンカルボン酸系合成抗菌剤とも言われるお薬です。
クラミジア菌以外にも、マイコプラズマ、グラム陽性菌、レジオネラ、尿路感染の際など、多くのケースで使われています。

細菌が増殖するには蛋白質が必要となりますが、キノロン系製剤はこの蛋白質の元になる核酸生成を阻害する事で、細菌を死滅します。

一方ジスロマックは、真菌やマイコプラズマといった細菌にも有効なお薬で、有効成分はアジスロマイシンです。病院では第一選択薬として使われることの多いお薬でもあります。
また効果が長く続き、一度だけ服用すればそれでたいだい治ってしまうと言われています。
抗菌作用が一週間持続することから、クラミジアの特効薬と呼ばれ、広く使用されています。


ジスロマックの効果があまり感じられない場合は、クラビットを併用する事もあります。
軽度のものでしたらお薬の服用のみで完治する病気ですが、完治していないのに途中で服用をやめてしまったり、それ以外の場合でも、再発してしまう事もあります。

常備薬 そんな時の為に、常備薬として持っておいた方が安心です。
また、症状がなくなっても完治したとは限りません。
クラミジアの治療を受けた人の5%から10%くらいでクラミジアが再発します。
これは、薬に耐性をもったクラミジアが生き残ったり、またはほんの少しだけ残ったクラミジアが再増殖を始めたりする為です。

その事態を防ぐには治療が終わってから1週間から2週間後に、確認検査を行う方が確実です。

現代では病院に行かずとも、個人輸入代行業者を利用すればネットで簡単に通販ができるようになりました。
ジスロマックとクラビットはそれぞれジェネリック医薬品も存在しています。

クラビットのジェネリック医薬品
・レボクイン
・レボフロックス


ジスロマックのジェネリック医薬品
・アジー

などがあり、先発薬からジェネリック医薬品に切り替える人も増えています。
理由としてはジェネリック医薬品の特徴でもある、同一成分を含みながらも、かなり安価で購入する事ができるという点が上げられるでしょう。

ジェネリックは日本の病院ではまだ処方されていませんが、海外の医療においては取り扱いがあります。
日本で購入するには、個人輸入の代行業者を利用するのが賢明です。
副作用は胃痛、下痢、嘔吐、のどの渇きなどがありますが、これらの症状がひどい場合は医師に相談するようにして下さい。

  • ジスロマックのジェネリック医薬品
  • クラビットのジェネリック医薬品

最新情報&更新情報

2016.08.01 『ジスロマックとクラビット』コンテンツ更新

2016.07.25 『クラミジア発覚~治療』コンテンツ更新

2016.07.10 『性病の起源』コンテンツ更新

▲ページトップに戻る