クラミジアは治療薬だけでも素早く治すことができます。誰にも知られることなく完治できる効果抜群の医薬品のご紹介ページです。

クラミジア対策マニュアル【ジスロマックとクラビット】

クラミジアに良く効く治療薬

性感染症の中で、日本で最も感染患者の多い性器クラミジア感染症。
それを自宅でカンタンに治す方法があります。
クラミジアは、抗生物質で完治することができます。
クラミジアの治療には多くの日数がかかり、治療費負担も大きかった、というのは過去のこと。
今では約1週間で治療できるジスロマックとクラビットが大評判。
いずれも通販購入もできて、早くよく効くクラミジアの治療薬です。
今すぐ購入したい方はコチラ >>>

ジスロマックとは

ジスロマック マクロライド系抗生物質です。
比較的新しいタイプの治療薬で、作用期間が長いのが特徴です。
病院でもほぼ第一選択として処方されます。





ジスロマックの効果

従来使用されていた抗生物質は胃酸によって不活性化することが多く、治療に日数を要していました。
その問題をクリアにしたのがジスロマックです。
胃酸の影響を受けにくく、高い組織内濃度をキープ。そのまま患部に作用することができるため、効き目もアップ!
血中半減期が時間とともに延びることから、1日1錠3日間飲めば、7日~14日間使用したのと同じ効果が得られるという特質があります。

ジスロマックの購入方法

薬局・ドラッグストアなどでは購入できません。
国内では医師の処方がないと購入できないことになっているため、通院を余儀なくされます。
しかし、最近ではネット普及もあり、海外からの個人輸入も気軽にできるようになりました。
日本語対応で個人輸入の代行してくれるサイトもあり、安心して利用できます。
しかも医師の診断書・処方せんも必要ないのが便利ですね。
おすすめの通販サイトはコチラ >>>

ジスロマックのジェネリック

アジー ジスロマックはファイザー社が開発した新薬ですが、すでにそのジェネリック医薬品も販売されています。(シプラ社開発のアジーなど)
新薬に比べ格安で手に入ることから、ジェネリックを選択する方が多くなっています。



今すぐ購入したい方はコチラ >>>

ジスロマックの値段

ジスロマック(250mg)は、1錠あたり472円~525円で購入できます。
同じ成分で作られたジェネリック医薬品(アジーなど)であれば、同成分量で、1錠あたり255円~283円とかなりお安く手に入ります。

ジスロマックの飲み方

1日1回成分量が250mgであれば2錠、水もしくはぬるま湯で経口服用します。
1日1回3日間服用すると、同系統の医薬品を7日~14日間飲んだのと同様の効果があります。
この作用時間の長さがジスロマック(アジスロマイシン)の特徴です。

今すぐ購入したい方はコチラ >>>

ジスロマックの副作用

副作用は少ない方ですが、胃腸症状が現われるケースがあります。
吐き気、胃痛、下痢などには注意をしましょう。
めったにない症状とされていますが、アナフィラキシーショック、じんま疹、全身発赤などの初期症状は見逃さないように気をつけましょう。
万が一、この薬を服用したことで、体調不調になった場合は、薬の継続服用は中止して、医師の診断を受けるようにしましょう。

ジスロマックの併用禁忌薬

この薬の成分にたいして過敏症などの症状がなければ、特に併用禁忌薬とされている薬はありません。
ただし、以下の成分を併用される際には注意をしてください。

  • 制酸剤(水酸化マグネシウム、水酸化アルミニウム)
  • ワルファリン
  • シクロスポリン
  • メシル酸ネルフィナビル
  • ジゴキシン

また妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方は、安全性を考えて、医師に服用の相談をするようにしてください。

クラビットとは

クラビット ニューキロン系抗生物質です。
ニューキロン系は抗菌力が強いのですが、その中でも特に抗菌活性が強い薬です。
国内でもっとも使用されている抗菌薬のひとつです。




クラビットの効果

細菌の増殖を抑えるには最も効果的な薬と言われており、クラミジアなどの真正細菌には特によく効く薬です。病巣への移行がよく、服用薬では難しかった感染症の治療にもよい効果があり、処方の幅を拡げています。
注射薬としても製造承認がおりており、その点でも信頼性の高い治療薬です。

クラビットの購入方法

抗菌薬は医師の処方がないと国内では購入することができません。
市販(薬局・ドラッグストアなど)では販売していません。
ネットでは、医薬品も法令順守範囲内で個人輸入することが可能です。
通院する時間がとれない方、病院に行くのが恥ずかしい方は、日本語対応がある個人輸入代行サイトを利用されていることが多いようです。
医薬品個人輸入代行の詳細はコチラ >>>

クラビットのジェネリック

クラビット クラビットとは第一三共株式会社が開発した新薬ですが、ジェネリック医薬品も販売されており、購入することが可能です。(シプラ社開発のLQuinなど)
後発薬のため、とても手頃な価格で同等の効果を得ることが出来ます。


今すぐ購入したい方はコチラ >>>

クラビットの値段

クラビット(250mg)は、1錠あたり360円~380円で購入できます。
同じ成分で作られたジェネリック医薬品(LQuinなど)であれば、同成分量で、1錠あたり85円~90円とかなりお安く手に入ります。

クラビットの飲み方

1日1回成分量が250mgであれば2錠、水もしくはぬるま湯で経口服用します。
クラミジア治療では、約7日間の服用が目安と言われています。
重度のクラミジア症状がある場合は、3錠(750mg)を3日間服用しましょう。

今すぐ購入したい方はコチラ >>>

クラビットの副作用

副作用は少ない方ですが、下痢の症状が続く、発疹が出るなどの症状が出るようであれば、早めに受診しましょう。 皮膚の弱い方で、長期的服用される際は、可能な限り直射日光を避けた方が無難です。日光で発赤したり、ひどい方では水ぶくれがでる可能性があるようですので、念のため警戒しておきましょう。 めったにない症状とされていますが、アナフィラキシーショック、冷や汗、乾麺蒼白、じんま疹など、それらの初期症状は見逃さないように気をつけましょう。 万が一、この薬を服用したことで、体調不調になった場合は、薬の継続服用は中止して、医師の診断を受けるようにしましょう。

クラビットの併用禁忌薬

この薬の成分にたいして過敏症などの症状がなければ、特に併用禁忌薬とされている薬はありません。
ただし、以下の成分を併用される際には注意をしてください。

  • フェニル酢酸系またはプロピオン酸系消炎鎮痛薬
    (フルルビプロフェン等)
  • アルミニウムまたはマグネシウム含有の制酸薬等、鉄剤
  • クマリン系抗凝固薬(ワルファリン)

また妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方は、安全性を考えて、医師に服用の相談をするようにしてください。

クラミジアとは

クラミジアは、真正細菌です。学術的には2属9種に分類されます。
そのうちの一種、クラミジア・トラコマチス〔Chlamydia trachomatis〕が、俗に『クラミジア』と呼ばれる性感染症の原因となる細菌です。

クラミジア(性器クラミジア感染症)は、日本国内で最も患者数の多い性感染症です。
厚生労働省発表の「性感染症報告数」の年次推移をみると、平成28年に総数24,396名〔男性:11,723名/女性:12,673名〕、中でも20代の感染者総数が11,883名と約半数を占めています。

これはあくまでも報告数ベースの数値です。
クラミジアは、男女ともに自覚症状がないまま感染していることが多い性病です。
無自覚患者を含めると、日本国内のクラミジア感染者数は、100万人以上とも言われています。

クラミジアの治療方法

クラミジア感染をしてしまった場合、治療を回避することはできません。 なぜなら、自然にまかせておけば症状が快復するというものではないからです。
気がついた段階で、早めに治療をすることをおすすめします。

クラミジアの治療には、抗生物質を服用すること。
薬

  • テトラサイクリン系抗生物質(ミノマイシンなど)
  • マクラロイド系抗生物質(ジスロマックなど)
  • ニューキノロン系抗菌剤(クラビットなど)

病院で検査を受けると、いずれかの抗生物質を処方されます。
いずれも処方せんが必要な薬のため、薬局・ドラッグストアなどでは市販されていません。
個人輸入であれば、処方せん・診断書なしでも通販購入可能です。

マクラロイド系のジスロマックは、効果が10日間ほど継続することもあり、患者負担も少ないことから第一選択とされることが多いようです。
ニューキロン系のクラビットは、服用薬でも注射と同じくらいの強い効果があると言われています。ジスロマックと同じく、副作用も少なくよく効く薬です。
テトラサイクリン系のミノマイシンは、抗生物質として古くから処方されている薬です。
歴史のある薬のため、その後に開発された薬に劣ることもありますが、テトラサイクリン系にしか殺菌できないものもあり、医療現場においてはまだまだ現役です。

クラミジアの症状

男性は、尿道(にょうどう)感染することが多いです。
尿道から透明な色の分泌物(膿)が出ます。症状がひどいと痛みをともなうこともあります。
治療せず放置すると、前立腺炎や血清液症を引き起こすこともあります。

女性は、子宮頸管(しきゅうけいかん)に感染することが多く、おりものの量が増えたり、不正出血などの症状があります。
自覚症状が乏しいのは、それらの症状=性病感染、という疑いを持ちにくいためです。
治療せずに放置すると、卵管炎を起こし、不妊症や子宮外妊娠の原因となります。

SOS 性行為には、そのような性感染症のリスクがあることをしっかりと認識しておかなければなりません。
「私は感染していない」などという甘い認識では、本当に感染してしまった時に治療が遅れてしまいます。
クラミジアの症状は予めきちんと確認しておきましょう。

クラミジアの原因

性器や尿路にクラミジア・トラコマチス(真正細菌)が感染することで起こります。
感染経路は、おもに性行為。性器や尿路の粘膜に感染します。
空気感染や自然発生はしません。

男女ともに気にかける必要があるのは、オーラルセックスなどによる口腔感染です。
性器感染の自覚症状がないままクリニングスやフェラチオなど、性器を舐める行為をすることが要因となります。
口腔感染していることに気がつかず、性器を舐めて感染などという逆のケースも。

特に女性の場合、性器からクラミジアが検出された方の2割程度の方が、咽頭からも検出されているようです。
咽頭感染している場合、互いに下を絡め合うようなディープキスは感染率が高くなります。

クラミジア感染になってしまった場合、必ずセックスパートナーにも検査をしてもらい、同時に治療をすすめてください。
片方のみが治療をしても、相方を再び性交することは病原菌をうつす行為となります。当然、再発の可能性も高まります。

セックスパートナーが複数人数いる方は、感染確率が高くなります。
クラミジアは早期発見が肝心です。検査キットなどで定期的にセルフチェックすることをおすすめします。
性感染症の検査キット購入はコチラ >>>

クラミジアの予防

極論をいえば、セックスやキスをしなければ感染はしません。
禁欲は予防策として無敵ですが、それを全員が守れば、少子化がすすむどころか人類が絶滅してしまいます。
この提案を実行できる方もいるでしょうが、現実的ではありません。

次の提案は、不特定多数の性行為の自粛です。
セックスパートナーを特定すれば、少なくとも感染源は特定でき、治療をしやすくなります。また感染拡大は防げます。感染率の減少には貢献できるでしょう。

避妊具 あとは、性器や尿路などの粘膜接触を可能な限り妨げることです。
コンドームを使用しましょう。
避妊と同様、100%予防にはなりませんが、方法としては有効です。 性行為の最初から最後まで着用しなければ、意味がありませんのでご注意ください。

クラミジア以外の性感染症

淋病

細菌 尿道に痛みが生じ、膿が出て強い炎症が起こります。
高確率で感染しやすく、1回の性行為で約30%の確率でうつると言われています。
淋病を発症した場合、クラミジアの同時感染の確率は20~30%。
淋病の疑いがある時は、クラミジアの検査も同時に行ないましょう。

梅毒

梅毒トレポネーマ 〔Treponema pallidum〕によって発生します。
性行為により感染する病気のため、性病として知られていますが、母子感染による先天性の梅毒もあります。 症状は4段階あり、リンパの腫れ、腫瘍の発生などを経て、麻痺性の痴呆や脊髄瘻を起こし死に至ることも。

ヘルペス

小さな水ぶくれ(小水疱)があつまった皮膚疾患です。
水ぶくれがやぶれて、腫瘍となります。
口性行為により感染する性器ヘルペスもの他に、周りにできる口唇ヘルペスもよくある症状です。

尖圭コンジローマ

陰茎部にイボができます。自覚症状がなく、最初のイボの発症から増殖していきます。接触転移が多く、再発を繰り返すことも多い。

膣カンジダ

カンジダ菌は健康な女性が持っている常在菌です。
それが疲労やストレス等が原因で、膣の中で繁殖して、酒粕のようなおりものが出たり、膣のかゆみや痛みなど発症します。

トリコモナス

肉眼では確認できない原虫が、性器内に入りこみ、膣や子宮頸管に寄生し炎症をおこします。
性行為の経験がない女性や幼児にも感染することがあります。

≪性病症状一覧≫

(まとめ)クラミジアの治療薬-ジスロマックとクラビット-

クラミジアは、ジスロマックやクラビットなどの抗生物質でしっかり治しましょう。
それ以外に方法はありません。
深刻な症状になる前に、早期発見・早期治療が重要となります。

20代にクラミジア感染者が多いのはなぜでしょうか。
性に関する知識が偏っているからです。

日本人は、性について包み隠したがる文化が未だに根強く残っており、若年層への性教育の遅れが指摘されています。
性行為自体は悪いことではありません。
(性行為に関するモラルに反することで揉めるのは個人の問題ですが。)
性行為により発生する性感染症のリスクは、予め知っておいてもいいのではないでしょうか。
性に関する知識を正しく活用して、クラミジアなどの性感染症予防をしましょう。

  • ジスロマックのジェネリック医薬品
  • クラビットのジェネリック医薬品

PAGE TOP