セックスをしなければ感染しないと勘違いされがちですが、オーラルセックスでも感染してしまう可能性があるのがクラミジアです。

クラミジア対策マニュアル【ジスロマックとクラビット】

キスやオーラルセックスで感染する性病

checkbox

様々な行為が原因となり感染する性病

キスやオーラルセックスで感染する性病 性感染症は、自然に発生したり空気感染したりはせず、性行為により細菌やウイルスが感染する事で発症します。
細菌やウイルスは、性感染症に感染している人の精液、血液、膣分泌液、患部に含まれ、感染源である細菌やウイルスは、性交する相手の性器、口、肛門などの皮膚や粘膜と接触する事によって感染します。
感染には性器による性行以外に、オーラルセックスやキスも含まれます。
どのような行為をしたら、どのような性感染症に感染する危険があるか解説します。

キス・接吻
まずキスですが、軽いキスであれば感染しませんが、ディープキスは性病感染の危険があります。
HIVウイルスや梅毒は血液感染なので、お互い歯槽膿漏、口内炎で出血している場合は僅かですが感染の危険があります。
他に感染の危険があるのは、咽頭クラミジア、咽頭淋病、梅毒、B型肝炎、性器ヘルペス、キス病などです。

オーラルセックス
次にオーラルセックスですが、避妊具を使用しないと感染の危険が高くなります。
またHIV感染リスクも僅かですがあります。口や口腔内に口内炎、出血があった場合などは確率が上がります。
他に感染の危険があるのは、クラミジア、淋病、梅毒、カンジダ、B型肝炎、性器ヘルペス、尖圭コンジローマです。

セックス
そして挿入ですが挿入する場合は全ての性病に感染する危険があります。
HIVは血液に多く含まれるので、生理時の性行為には特に注意が必要です。
風俗店、不特定多数の相手との性行為時だけでなく、自分や相手が性感染症の検査を受けていない可能性がある場合には、必ず避妊具を使用しましょう。

アブノーマル・肛門挿入
また、アナルセックスは、肛門の中の直腸などの粘膜は弱く傷付き易い為、行った場合は必ずと言っていいほど出血しています。
出血の確率が高い為、通常の膣によるセックスよりも感染の確率が高いのです。
他に感染の危険があるのは、オーラルセックスの場合と同じです。
なお、アナルに挿入しなくても舐めたり舐められるだけで感染する事もあります。
その場合は、クラミジア、淋病、梅毒などの危険があります。

性感染症にかかる危険性 このように、性感染症にかかる危険性は、たとえ挿入しなくても、性行為のほぼすべてにあるのです。
不特定多数の異性と性行為をしている場合、特に注意しなくてはいけません。

▲ページトップに戻る