クラビットは通販で購入することができます。同じ効果のジェネリック薬なら格安で入手可能。効果副作用などの紹介ページです。

クラミジア対策マニュアル【ジスロマックとクラビット】

クラビットでクラミジアを撃退

クラビットの通販方法

クラビットは、クラミジア治療に非常によく効く医薬品です。
抗菌薬のため、薬局やドラッグストアで気軽に購入することができません。
病院でクラミジアの検査をして、処方してもらうのが一般的な入手方法ですが、実は通販サイトなどでも購入することが可能です。

スマホでネットショッピング 販売元である第一三共が、海外市場向けに開発したクラビットを個人輸入で通販すれば、医師の診断書や処方せんなしでもカンタンに購入できます。

通常1日1回の服用で1週間ほど服用すれば、クラミジアは完治します。
重症だと思われる場合は、含有量を750mgとして3日間服用してください。

主成分のレボフロキサシン水和物は副作用も少ないのが特徴です。
性行為前に飲むことで、感染症予防になります。性感染症の予防や再発防止に服用されるのもよいでしょう。

また性感染症は、人に知られるのが恥ずかしいという方が多くいらっしゃいます。
性に直結したイメージが羞恥心をもたらすのは当然の心理といえます。

個人輸入代行サイトなどで通販の際には、その点も配慮されており、注文した商品の内容が外観ではわからない梱包となっています。
配送先を自宅ではなく、郵便局留として指定することもできるサイトもあり、クラビットを便利に安心して通販することができます。
クラビットには、ジェネリック薬もあり、とても格安に購入できます。
クラビットを通販で購入する >>>

クラビットの特徴

クラビットは、感染症を治療するお薬です。
性感染症のクラミジアの治療薬として特に有名ですが、他にも、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎といった呼吸器感染症、中耳炎、副鼻腔炎といった耳・鼻の感染症など、細菌が原因で起こる病気に有効です。
クラミジアの原因となるクラミジアトラコマティスは、直径0.3ミクロンの非常に小さな細菌です。
主に性行為で直接接触する事により感染すると、性器や咽頭に症状が現れます。

クラビット クラビットは、キノロン系(ピリドンカルボン酸系合成抗菌剤)の薬で、合成抗菌剤のひとつです。ピリドンカルボン酸系製剤は、細菌の増殖に必要なたんぱく質の元になる核酸の生成を阻害し、細菌を死滅させる作用があります。
服用してからだいだい1週間で治ると言われています。
軽度のものでしたら、薬の服用のみで完治させることができます。

なお、クラミジアの場合、淋病にもかかっている可能性があります
クラビットは淋病にも効果があるので、両方にかかっていたとしても、服用すれば同時に治す事も可能です。

また、クラミジアは非常に感染率の高い病気で、相手が感染していてコンドームをしないで性交渉をした場合、感染確率は50%と言われています。
仮に自分だけが治っても相手がかかっている場合、再度かかってしまう可能性があります。
これを「ピンポン感染」と言います。

ピンポン感染
完治したにも関わらず、パートナーが感染している為、性行為を通して再び感染してしまうのです。
女性が発症して治療を受けた後に男性からうつされて、今度はその男性が治療を受けた後に再発した女性からうつされ…を繰り返して、いつまで経ってもクラミジアから解放されない状態に陥ってしまうのです。

それを防ぐには、パートナーに感染のことを告げ、一緒に治療をし、完治するまで性行為をしないことです。
現在は病院に行かずに、ネット通販において個人輸入代行で簡単に購入することができます。
とりかえしのつかないことになってしまう前に、早期治療を心掛けましょう。

クラビット・ジェネリック

クラビットと同等の効果をもつ後発医薬品として、LQuinレボフロックスがあります。
研究開発費などのコスト削減したジェネリック薬のため、先発薬に比べ、低価格で手に入れることができます。

作用機序

LQuinやレボフロックスの有効成分は、ニューキノロン系の合成抗菌剤です。
さまざまな細菌に対して抗菌作用を発揮するのですが、特に酵素分子のない環境でのみ繁殖する偏性嫌気性菌を含むグラム陽性菌やグラム陰性菌に効果があり、クラミジア撃退に期待ができます。

クラミジアの他にも、淋病、尿路感染症、前立腺炎、睾丸炎、膀胱炎、子宮内感染などの感染症治療に有効とされています。
多種多様な細菌に効果があるものの、残念ながらウィルスに対する効果はありません。

細菌は自身のDNAを複製することにより増殖しますが、抗菌薬はその増殖を阻害する働きがあります。
LQuinなどの有効成分であるレボフロキサシン水和物は、濃度依存性の抗菌薬として知られており、旧来の抗菌薬に比べ抗菌作用が強いため、さまざまな細菌に力を発揮することができるのです。

またレボフロキサシン水和物は、ペニシリン系やマクロライド系、セフィム系抗生物質とは作用機序が異なるため、これらに耐性をしめす細菌にも有効性が期待できます。

服用方法

タブレット 通常は1日1回を服用限度として、500mgを経口服用します。
症状や疾患に応じて、服用量は減量するようにしましょう。

腸チフスやパラチフスには、1回500mgを1日1回2週間(14日間)服用するようにします。
※病院などで注射剤投与していた場合は、その期間もふくめて2週間です。

長期的に服用しなければならない場合は、経過観察を十分に行なうようにしてください。
耐菌性がでないよう、治療上必要最低限の服用量にとどめるようにしましょう。
極端な話ですが、必要以上に飲み過ぎると細菌の抗菌作用が弱まってしまうことがあります。

副作用

副作用は少ないとされている薬剤ですが、発疹や下痢が続く場合は服用を中断し、医師に相談をしましょう。
また光線過敏症を引き起こす可能性もあります。
皮膚の弱い方や長期服用をする方は、できるだけ直射日光を避けるようにしましょう。
日光により肌が発赤したり、ひどい時には水ぶくれになってしまうこともあるようです。

腎臓病のある方や高齢の方は副作用が出やすいので、服用量や服用間隔に気をつけましょう。
ステロイド薬との併用や臓器移植を受けた方は、アキレス腱障害の症状が出やすいとされています。
十分に注意をしてください。

服用できない方

次の項目に該当する方は、医師に相談のうえ、服用を検討しましょう。

  • 他のニューキノロン系の抗菌薬、
    オフロキサシンに過敏症の既往歴がある方
  • けいれん性の病気のある方
  • 重症筋無力症の方
  • 重い心臓病のある方
  • 高齢者の方
  • 妊産婦、授乳婦の方(妊娠の可能性がある方も含む)
  • 小児

その他効能

クラビットが有効なのは、主に細菌による感染症です。
マイコプラズマやレジオネラ症などにも効き目があり、病原菌が死滅すれば症状がおさまり痛みがとれ熱が下がります。
クラミジア以外の性感染症では、淋病治療にも効果があります。
幅広い効果のある薬ですので、クラミジア対策の用途のほかにも、さまざまな症状に適応する合成抗菌薬(抗生物質)です。

適応菌種は以下の通りです。

ウイルス
  • レボフロキサシンに感性のブドウ球菌属
  • レンサ球菌属
  • 肺炎球菌
  • 腸球菌属
  • 淋菌
  • モラクセラ(ブランハメラ)
  • カタラーリス
  • 炭疽菌
  • 結核菌
  • 大腸菌
  • 赤痢菌
  • サルモネラ属
  • チフス菌
  • パラチフス菌
  • シトロバクター属
  • クレブシエラ属
  • エンテロバクター属
  • セラチア属
  • プロテウス属
  • モルガネラ・モルガニー
  • プロビデンシア属
  • ペスト菌
  • コレラ菌
  • インフルエンザ菌
  • 緑膿菌
  • アシネトバクター属
  • レジオネラ属
  • ブルセラ属
  • 野兎病菌
  • カンピロバクター属
  • ペプトストレプトコッカス属
  • アクネ菌
  • Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)
  • トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)
  • 肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)
  • 肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)

クラミジア・淋病ほかの適応症は、以下の通りです。

ウイルス
  • 腸チフス、パラチフス
  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症
  • リンパ管・リンパ節炎
  • 慢性膿皮症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)
  • 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍
  • 扁桃炎、扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染
  • 膀胱炎、腎盂腎炎、胆嚢炎、胆管炎、
  • 感染性腸炎、コレラ、
  • バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎
  • 涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎
  • 外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎
  • 化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎
  • 炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、肺結核及びその他の結核症、Q熱

クラビットの有効成分について、詳細を知りたい方は『レボフロキサシン水和物とは』をご参照ください。
クラビットを通販で購入する >>>

  • ジスロマックのジェネリック医薬品
  • クラビットのジェネリック医薬品

PAGE TOP