クラミジア感染予防のための対策マニュアルです。再発防止、伝染しないために注意すべき点など、わかりやすく解説しています。

クラミジア対策マニュアル【ジスロマックとクラビット】

クラミジアの予防

クラミジアに感染しない為の方法や意識 クラミジアは、どうすれば予防できるのでしょうか。
クラミジアは性感染症の中でも、最も感染者数の多い病気です。
感染者が急増している今、自分自身を守るためにも知っていて損はない情報です。

性行為で注意すること

不特定多数多数の人と性行為(セックス)をしない。

異性とセックスをする直前に、相手が性病を持っていないか確認をしますか?
仮に口頭で聴いてみたとしても、検査証明しますか?
一般的にはしないと思います。

仲のいいカップル なので、これは確率の問題です。
性病を持っているかどうかわからない人とセックスをすれば、感染確率もあがります。
特にクラミジアは自覚症状がないまま感染ケースが多い性感染症です。
どんなに甘い言葉で囁かれても、その方が性病を持っていないとは限らないわけです。

クラミジア予防という観点からいうと、感染する確率をあげることはしないこと。
それはご自身だけでなく、パートナーにもいえることです。
性交したいずれかの方が、不特定多数の方との関係をもっていたら・・・?
たった1度の浮気でも、クラミジアを譲り受けることがあるのです。

世の中の多くの方は、クラミジアに関して無頓着なのです。
よくわからない方とセックスしないこと、これは予防の第一条件ですね。
お互いがクラミジアに感染していないことを確認した上で、セックスパートナーを限定すること。これはクラミジア予防法のひとつです。

コンドームの着用

コンドームの着用 クラミジアは、粘膜や分泌物に触れることで感染します。
一番感染しやすいのは、お互いの性器から性器です。
それらを性器に直接触れないようにコンドームの正しく着用しましょう。

次に感染しやすいのは、性器から口(またはその逆)なのですが・・・
昨今は性行為も発展的で、オーラルセックスやアナルセックスなどを楽しむカップルが増えています。
それらの性行為をする場合も、コンドームを着用して予防しましょう。
フェラチオ用のコンドームやクンニリングス、アニリングス用シートなど、オーラル専用のコンドームも近頃販売されているようです。(海外ではそれも当たり前なのだとか!)

確実に身を守りたいのであれば、極端な話、セックスやディープキスをしないことです。
そんな非現実的な予防法は抜きにして・・・

とにかくクラミジア予防したいなら、生でしないこと!です。
・・・・・・最初からですよ!

清潔な状態を心がける

性行為をおこなう場所に、粘膜や分泌物が付着して、なんらかのカタチで感染することもなくはありません。 特に寝具などは、常に清潔にしましょう。

意外かもしれませんが、タオルでクラミジア感染、なんてこともあるみたいです。
もちろんセックスするより感染確率は低いです。
家族が多い方は、タオルを一緒につかっているということもあるのではないでしょうか?
洗顔用タオルは、ほぼないだろうと予測されますが、気をつけるべきなのはバスタオルです。
性器に触れる箇所があるので、粘膜や分泌物が付着していないとは限りません。
バスタオルは共用しないほうが無難ですね。

感染の有無を確認すること

セルフ検査キットの活用

クラミジアに感染しているか、していないのか、この際、白黒はっきりさせましょう!
病院にいかなくても、自宅でできるセルフ検査キットがあります。

検査キット 検査キット

使い方は超カンタン。
検査キットについている専用の綿棒を、性器に挿入して数秒ほど回転させて検体(粘膜・分泌物)を付着させます。 それに検査液を垂らして時間をおけば、結果がわかります。
男性の検査は・・・・・・ちょっと痛いかもしれません。
ちょっとだけ、我慢してやってみてください。
クラミジア検査キット購入はコチラ >>>

パートナーと同時に検査すること

性行為はひとりでするものではないので、必ずパートナーにも検査してもらいましょう。
※自慰行為ではクラミジア感染しません。
恋人とわかれて、次の相手とお付き合いすることになった場合も、毎回検査を行なった方が安全です。
「マジメそうだから大丈夫」「風俗にはいかなから平気」と思う気持ちもわからなくはありませんが、タオル感染の例もあるので・・・。(ということにしておきましょう。)

ここだけの話、ついうっかり浮気しちゃった場合も・・・
あとあと拗れる前に、ちゃちゃっとセルフチェックしたほうがいいかもしれませんよ?

性器の健康状態を気にかける

性器に傷があると、傷口からクラミジア感染しやすくなります。
伸びた爪などで性器を触った時に、うっかり傷つけないように気をつけましょう。

女性が生理中の場合は、膣にバイキンが入りやすいので、セックスは控えた方がいいでしょう。
またセックスをする前に、相手の性器を見て、異変がないか確認してみましょう。
クラミジアに限らず、性感染症は早期発見・早期治療が肝心です。
クラミジア単体では症状がわかりにくいので、判断しづらいかもしれませんが、臭いや膿など、少しでも気になる異変があれば、性病の可能性を考えて、症状を調べてみるとよいでしょう。

クラミジアの再発を予防するためには

とにかくセックスパートナーと同時に検査確認、治療をすること。
自分自身が治療をしても、パートナーが感染してままでは、再発のしてしまう可能性が非常に高いです。パートナーの理解と協力あってこその予防です。
不特定多数のパートナーがいる方は、定期的に検査をしましょう。
ふた月に1度くらいの頻度を推奨します。
クラミジア以外の性病にも注意が必要です。

その他には、
赤い糸

  • コンドームの正しい装着する
  • 寝具やタオルなど、身の回りを清潔にする
  • 性器に異常がないか気にかける
  • (爪などで)性器を傷つけないようにする
  • 生理中はセックスしないようにする

など、クラミジア予防には相手を思いやる気持ちが大切ですね。

  • ジスロマックのジェネリック医薬品
  • クラビットのジェネリック医薬品

PAGE TOP