クラミジアに感染してしまった場合の発覚してから完治に至るまでのプロセスを理解し、早期治療を心がけましょう!

クラミジア対策マニュアル【ジスロマックとクラビット】

クラミジアに対して高い効果を得るための対策

checkbox

クラミジアについての理解

クラミジアについての理解 元々クラミジアの原因となっている細菌は、目の病気の原因菌であり結膜炎の原因でした。
日本では水がきれいになってきて、環境が整備されてきたため、結膜炎を起こすことはなくなりましたが、男性や女性の性器やノドに住み着くようになり、現在では性感染症の中で最も多い感染者がいる病気となっています。

感染経路は粘膜に直接接触することで感染し、その条件を満たすのがセックスやオーラスセックスまたはディープキスなどの性行為によるものです。

原因菌はトラコマティスという菌 精液や女性の膣分泌される液に触れることで感染を引き起こします。
原因菌はトラコマティスという菌であり、大きさは肉眼では捉えることができず、0.3ミクロンほどと言われています。

感染には直接の接触が必要なため、トイレの便器やコップを使ったからといって感染することはありません。
感染者の分泌される精液などが目に入ると激しい結膜炎になることもあります。

自覚症状を伴うことが少なく、特に女性は体調不良などでも起こる症状がでるだけなので、より気付きにくい病気となっています。

また男性の場合、風俗店の利用が考えられると思いますが、オーラルセックスでのサービスが主流となっているので気付かぬ内に感染しているケースがあります。
風俗店の利用が多い男性や自覚症状が少ない女性は病院などで定期健診を受けることをおすすめします。

子宮外妊娠や不妊症の原因 気付かず症状を放置すると男性の場合、精巣に広がり精巣の病気になったり、男性不妊の原因である無精子症になってしまうことがあります。
女性の場合は卵管炎になったりし、子宮外妊娠や不妊症の原因になってしまうことがあります。

発覚~治療~完治

発覚~治療~完治 上記で説明した通り、クラミジアは放置すると取り返しのつかない症状へと変化しますので早期発見及び、早期治療が原則です。

もしもクラミジアの疑いがあったら。
一般的には病院に行く事を考えるかと思います。
病院で検査をする場合、血液検査、男性の場合は尿検査、女性の場合はおりものの検査などをします。

のどに感染している事もあるので、のどの粘膜の検査をする事もあります。
検査の結果が出るのに、即日出る事もあれば、1週間程度かかる場合もあります。
検査の結果、陽性だった場合、抗生物質と抗菌剤の服用で2週間程度で治療できます。

クラミジアに感染し続ける 症状は数日でおさまる事が多いのですが、薬の服用をやめてしまうと、菌が完全になくなっていない状態で中断してしまう事になります。そうなると症状が再び出たり、完治したと思ってもクラミジアに感染し続ける事になってしまいます。
医師が感知したと診断するまで、しっかり薬を服用しなくてはいけません。

ただ、やはり病院というと、なかなか行く時間がないという方や、性感染症という事もあり、恥ずかしいという方も多いかと思います。

最近は検査キットというものがあります。一般的なものは、採取した血液などを返送する事で結果がわかるものが多いですが、最近は、綿棒を膣か尿道に入れ、それに添付されている専用の液体を垂らす事で、色の変化により結果が15分程度でわかるというものもあります。

検査結果で、もしもクラミジアだったとしても、治療薬も個人輸入代行業者からネットから簡単に通販する事ができます。
個人輸入代行業者 検査から完治まで、病院に行かずに完治される事が可能になりました。
通販なら病院の診察代などもかからないので、安価で済みます。

病院に行くのは抵抗があって、なかなか腰があがらないという方もいらっしゃるかもしれませんが、個人輸入代行なら気軽に普通の通販と同じ感覚で利用ができるのでとても便利です。

クラミジアは自覚症状はあまりないことが多いですが、症状があまりないからと、放置しておくととても怖い病気です。
もしも少しでも気になるなら、すぐに検査をしてみるのがおすすめです。

  • ジスロマックのジェネリック医薬品
  • クラビットのジェネリック医薬品

▲ページトップに戻る