クラミジア飲み薬のジェネリックと先発薬はどのような違いがあるのか、またその理由を解説いたします。

クラミジア対策マニュアル【ジスロマックとクラビット】

ジェネリックと先発薬

新しい薬は、世に出るまでに何年もの歳月を経て、ようやく私たちが服用できるものとなります。

基礎研究、非臨床試験、臨床試験(治験)をクリアし、承認申請と審査を経て販売に至るまでに9~17年。
約10年の研究で投じられる費用は200~300億円、長期に及ぶ研究ともなると約500億円にもなるのだとか。

しかも、その開発成功率は約30,000分の1とも言われています。
研究開発段階で断念せざるを得ないものも多く、「新しい薬をつくる」ことは、非常に困難なことなのです。

それらの薬を「新薬」「先発薬」「先発医薬品」などと呼びます。
クラミジアによく効く薬、ジスロマッククラビットも「先発薬」と呼ばれる医薬品です。

ジェネリックとは

長い年月と莫大な費用、そして厳しい審査を経て開発された先発薬には、「特許」という権利を与えられます。
功績を国が保証し、期間限定で専売することができます。
その特許期間で、費用を回収できるような仕組みになっているのです。

ジェネリックとは、その先発薬の特許権が消滅した後に、他の製薬会社が製造供給する医薬品のことを言います。
「後発薬」「後発医薬品」「ジェネリック医薬品」「GE薬」など、いろいろな呼称があります。

昨今、日本でも厚生労働省主導で普及されているので、「ジェネリック」という呼び方が、皆さんの耳に馴染んでいるのではないでしょうか。

ジェネリックってどういう意味?

ジェネリックは「一般的な」という意味です。

特許権が切れた薬の開発は、複数の会社が手がけます。当然、後発薬は複数存在することになり、商品名がそれぞれ異なったものになります。

後発薬の処方に積極的な欧米諸国では、複数ある商品名で処方せず、薬の有効成分を表す「一般名(generic name)」で処方することが多いようです。
そのようなことから、後発薬のことを「ジェネリック」と呼ぶようになったのだとか。

※医薬品の一般名(generic name)はWHO世界保健機関に登録されいる世界共通名称です。

ジェネリックはどうして安いの?

先発薬にくらべ、研究開発費を圧倒的に抑えることができるからです。
コストダウンゆえに販売価格が格安になっています。

もちろん、先発薬というお手本があるとはいえ、ジェネリックにも開発期間は必要です。
ですが、最初から研究開発を行なってきた先発薬が9~17年の年月を費やすのに対し、ジェネリックは3~5年と短い期間で開発されます。
先発薬の有効性や安全性を知っているがゆえの時短があり、私たちが手頃な価格で購入することができるというわけです。

先発薬との違いは?

ジェネリックは、先発薬と効果を発揮する物質(有効成分)とその分量、そしてその効力は同じでないといけません。

違うところといえば、薬の形状や色、つまりは見た目。それは変えてもいいことになっています。
他にも味や添加物の変更も可能です。

先発薬に比べ、より飲みやすくするなどの工夫をされているのがジェネリックです。
ジェネリックといえども、私たちが服用するためには、たくさんの厳しい試験や検査をクリアする必要があります。

有効成分の種類と量、用法や用量、効果効能、薬の安全性が先発薬と同等でなければ、販売することはできません。

クラミジア薬のジェネリック

アジー

アジー〔Azee〕 先発薬ジスロマック
有効成分アジスロマイシン水和物
含有量250mg/500mg/1000mg
特徴少ない服用回数で7~14日間効果が続く

LQuin

LQuin 先発薬クラビット
有効成分レボフロキサシン水和物
含有量250mg/500mg/750mg
特徴難治性の感染症にも効果あり、含有量種類が豊富

レボフロックス〔Levoflox〕

レボフロックス〔Levoflox〕 先発薬クラビット
有効成分レボフロキサシン水和物
含有量250mg
特徴難治性の感染症にも効果あり、低価格

シンクラー〔Synclar〕

シンクラー〔Synclar〕 先発薬クラリシッド
有効成分クラリスロマイシン
含有量250mg/500mg
特徴身体への吸収がよく、半減期が長い

ジェネリックを安心してご利用いただくために、政府広報オンライン「ジェネリック医薬品」の記事もぜひご覧ください。
図解もあり、詳しく情報が記載されています。

  • ジスロマックのジェネリック医薬品
  • クラビットのジェネリック医薬品

PAGE TOP