感染者が多く中々減少傾向にならないクラミジアですが、その治療薬は日々進化し続けており、現在では様々な後発薬が存在します!

クラミジア対策マニュアル【ジスロマックとクラビット】

先発薬と後発薬

checkbox

クラミジアに有効な先発薬と後発薬

クラミジアに有効な先発薬と後発薬 クラミジアの感染率は非常に高く、1回のセックスで確立は50パーセントにもなると言われています。
また性器の接触以外にもオーラルセックスなどで、喉に感染する場合があり、セックスをしていないからといって安心できるものではありません。
感染しやすい理由として自覚症状が挙げられます。

男の人の50パーセントは自覚症状がないとされており、女の人は80パーセントの人が自覚症状がないと言われています。

このため、自覚がないままセックスしてしまう事が多く、感染を拡大させてしまっている原因にもなっています。
また若い世代での感染が急速に広まっており、特に10~20代の女の子に感染が増えてきています。
性感染症予防の知識がなく、セックスを行う年齢の低下が要因とされています。
自覚症状がなかなかでないため結果的に放置していることが多く、他の性感染症の感染率が非常に高くなり、HIV(エイズウィルス)の感染は3~5倍になります。

男の人と女の人の症状の出方は異なり、男の人の場合、尿道炎や副睾丸炎などの症状がでます。
女の人の場合は、子宮頸管炎など起こし、膣の中に感染が拡大してくと骨盤内で色々な症状を発症します。
症状を放置していると、卵管炎を起こし、子宮外妊娠や不妊症の原因にもつながります。

症状の悪化を防ぐためにも早期治療が大切になってきますが、一般的に治療にはジスロマックというお薬が用いられます。
クラミジアの治療は、従来まで治療にかなりの時間を要し、服用回数の多いお薬を使って治療していくのが主流でしたが、患者さんの負担も大きく治療が続かない、続けられないというのが現実でした。
ジスロマックは、服用回数がたったの1回で済み、その効果は1週間続き、その間に治る確率は90パーセントと非常に高く、治療には有効なお薬です。

副作用も少なく、発熱や下痢、嘔吐などがあります。
妊婦が服用しても問題ないお薬なので、安全性も高いお薬となっています。
先発薬なので、薬価も高いので、使用するにはそれなりに負担がありますが、後発薬であるジェネリックのアジーというお薬があるので、薬価をかなり抑えることができます。

ジェネリックは先発薬の特許が切れてから販売されるものなので、先発薬に比べて安く購入できます。
アジーの効果や副作用は変わることがないので、安心して服用することができます。
クラミジアは感染力が強い病気なので、しっかりとお薬を用いて治療し、完治後の予防も徹底するようにしましょう。

  • ジスロマックのジェネリック医薬品
  • クラビットのジェネリック医薬品

▲ページトップに戻る